首里城の歴史と概要について

首里城の説明とまとめ。 首里城は琉球王国時代の歴史的建造物であり、当時の琉球王朝の王の居城であったと記録されています。第二次世界大戦時には戦災に合い焼失したとされておりますが、復元された年は意外と最近のことであり、沖縄の日本帰還から20周年にあたる1992年の出来事です。首里城は、沖縄県の中で最も大きい木造建築物であり、那覇市首里という場所に位置しています。建築様式に関しては、独自で外交を行っていた中国の影響と、日本建築の様式と沖縄の風土のそれぞれの良い部分を取り、独自の琉球建築としての形式を確立しています。正確な竣工年は記録されていないですが、調査によると13世紀末から14世紀には既に建っていたとされています。

首里城の外観を想像してみると全体的に朱い色が特徴であるという、多くの方のイメージがありますが、首里城を研究している中、竣工当時の瓦の色は黒い色をしていた可能性があるという考察があります。その理由としては屋根の改修時に、黒い瓦を造るための相当なコストと手間がかかるため、当時は建築資材が不足していたことから、安く時間がかからない赤い瓦で仕上げていたという仮説があるそうです。

首里城を観光する際のポイントを説明いたします。首里城がある首里の近辺には様々な史跡や文化財が密集しており、その中でも世界遺産に認定されているものもありますので見所も満載です。琉球王国には定期的な行事を催していたと記録されており、一時は王国の消滅から行事もなくなってしまいましたが、地元の方の活動もあり、王朝文化を感じさせるイベントが復活しているものもあります。その中の一部として、首里城祭や元旦に行われていた朝拝御規式という行事を再現した宴、御水取行事という水を清める儀式などもお勧めのイベントとなっています。

おすすめ情報

Copyright (C)2017首里城の説明とまとめ。.All rights reserved.